• 夜明けの来ない夜はない

    海の向こうに日が沈んでいきます。 2020年大晦日の日没。 COVID-19の脅威に明け暮れた1年でした。 まるで先が見えない漆黒の深夜のような一年間でしたが、時が経てば必ず日は昇ります。 訪れた明日は昨日までとは違うも …

  • 神々の黄昏

      いつも変わらずそこにあると思われている存在、太陽。 太古から人はその圧倒的存在を畏れ敬い、神格化してきました。 その一方で天文学的に考えれば、全天では常にどこかで超新星爆発が起こっています。 超新星爆発とは …

  • 霞たなびく

      一面の青い花畑に一筋の霞がたなびいています。 奥にはラベンダー畑が広がっています。 何の風景かわからなくなりそうですが、これは海。 珊瑚礁では、決まった場所で波が立ちますので、一日中同じ場所で波が砕けていま …

  • 遙かなるオホツカグラ

      東方の海の彼方にあるといわれるニライカナイと対照的な、天空にあるといわれる楽土オホツカグラ。 高天原と根の堅洲国の関係とは違い、共に楽土と考えられているようです。 人はいつの世も死後の世界を畏れているのです …